サックスぼっち練習帳

大人になってアルトサックス始めました

ケースから落下防止!サックス純正ケースで持ち運ぶときのひと工夫

大人になって「アルトサックス」を始めました。 体験談をイラスト・漫画でまとめています。

 

こんにちは、じゅりです。

初レッスンの終わりに、移動するときにサックスケースのフタの向きに気をつけて持ち運ぶといいと教えてもらいました。

4コマ

f:id:julisax:20180729195926j:image

なるほどー、と思いましたが自分でとっさに受け止められるかどうか…。

その時になってみないと分からないですね。

 

純正のケースの持ちにくさ

サックスを購入するとついてくる純正のケース。

これ、長方形の箱形のことがほとんどです。

これに肩掛け用のストラップがついてくることもありますが、基本的には取っ手を持って体に沿わせて持つことになります。

 

まぁ、これが持ちにくくて重い!

 

片手でもつことになるので、右手が疲れたら左手、左手が疲れたらまた右手、という具合に交代して持っています。

 

サックスの落下を防止するケースの持ち方

右手と左手と交互に持ちかえることが多いこのケース。どちらの手でに持つ場合も、からだ側にフタを持ってくることがコツになります。

 

特に持ち上げてすぐのタイミングが大事になるそうで、やっぱりフタの閉め忘れでおとすことが多いらしいんですよね!

 

フタさえちゃんと閉まっていればその後にもち運んでいるときに、ケースから落とすことはよほどないそう。かなりの防止策になるらしいですよ。

 

そうは言っても、何かの拍子にケースのフタが開いて中からサックス落とした!

という話もあるらしい。

油断は大敵です。。

 

 

さいごに

 

教室からお借りしたレンタル楽器ですし、ていねいに扱わないといけない!と思うので、この持ち方で運ぼうと心に誓いました。

 

1回目のレッスンはこれで終了です。